Click here for menu

ICカードを使用した社員証を利用した取り組み

最近では社員証に様々な機能を付与させ色々な使い方がされています。そのひとつが一般企業にもセ重視されつつあるセキュリティのチェックです。工場、事務所など最近では社員証などに接触型のICカードを取り入れ不要意味第三者の入場を規制、管理する会社が増えています。データの持ち出しなど最近多発しているため各企業も本腰を入れてきています。また間接工数の削減を目的として出退勤の記録をタイムカードの管理からデータでの管理に変えてきている企業も多く見られます。特定の機器に社員証などをタッチするだけで出勤または退勤が記録され月末には自動集計、作業時間や給与計算にも使われています。またRFIDを利用した社員証も少しづつではありますが広がりを見せています。ICカードと比較すると通信距離が長いため荷物を持った状態でも認識が可能なため工場など搬入場所などでの利用が見受けられます。

まだ普及に何がある点とすると価格面とセキュリティ面が挙げられます。価格面でいきますと非接触型でも1枚あたり100円以上、FeliCaなどでは1000円近く必要となります。接触型のICカードとなるとモジュール費用も発生す1000円以上の価格帯となります。RFIDを備えたカードでは価格は抑えられますが、無線機能となるため別途セキュリティを考える場合別途手段と費用が必要となります。カードに直接印刷できるプリンタなどは標準で付属されたりデータの書き込みについてもソフトなどが付属するケースが殆どなので心配の必要はないのですが、カードの費用が高価なだけにもう少し広がりには時間がかかりそうです。導入する際は必ずカードの価格を考慮に入れ、非接触型や接触型,RFIDなど用途に応じて選択されることをお勧めします。

ファイルの利用

重要な情報を含んだファイルをデータでやりとりする企業が増えているのですが、重要な情報が外部に漏れ出さないようにしっかりとセキュリティ対策を行わなければいけません。

Learn more »

紛失にあたって

社員証を所持している人は多いのですが、社員証は自分を証明するために必要不可欠なものですので紛失してしまわないようにしっかりと管理しなければいけません。紛失したら早急に対処しましょう。

Learn more »

ネットの管理

仕事や日常生活で使うことが一般的になっているパソコンですが、パソコンを使う時はウイルス対策をしっかりと行わなければいけません。UTMを導入することでセキュリティ管理を一本化することができるのでとても魅力的です。

Learn more »

人気がある記事

おすすめサイト

  • アイソ・ラボ株式会社

    安全な食を消費者に提供したいですか。ISO22000の資格取得を目指せば、企業内外から信頼性が高まります。